Ԃ̑IѕEԂ̔


小回りが利く車(最小回転半径)ランキングです。


車のスペックには、最小回転半径の記載があります。
最小回転半径というのは、ハンドルをいっぱいにきって
回る時の円の中心の点と外側の前輪タイヤの距離を表しています。


ですから最小回転半径が小さい程、
小回りが利くということになります。


大きい車は、必ず回転半径が大きくなるわけではありません。
ホイールベースが長い車ほど
最小回転半径が大きくなる傾向がありますが
フロントのオーバーハングが短い場合は、
その分だけ小回りが利くようになります。


FF車よりもFR車の方が舵角を大きく取れるので
最小回転半径が小さくなる傾向にあります。


最小回転半径が大きくても
切り返せば問題ありませんが
切り返しが苦手という人には、
小回りが利く車もいいかもしれません。


このサイトで紹介している中で
一番最小回転半径が大きい車は、7100mmです。
一番最小回転半径が小さい車は、3900mmです。


下記に全メーカーと各メーカーごとの最小回転半径の長い順、短い順のランキングをまとめました。








TOPへ戻る






査定額を比較して一番高い業者に売れます。これを使うだけで数万円~数十万円も買取価格が変わってきます。



東証一部上場のエイチームが運営しているサイト。特徴は、入力項目が少なく、申し込みが簡単で過去の買取価格のデータから算出された概算買取価格を見ることが出来ます。